【05年衆院選情報】選挙戦スタート!各選挙区の動き

2005年9月12日 19時02分 | カテゴリー: 活動報告

 9月11日投票日の衆院議員選挙は、政権担当能力を失った自民党政治から、長い間の利権の構造を断ち切り、政権交代させるための選挙です。
 ローカルパーティ・神奈川ネットワーク運動(NET)は、比例区では、マニフェストへの政策提言を明らかにして民主党を推薦、また、小選挙区については、以下の候補者を推薦しています。
【NET推薦候補者】<小選挙区>
●神奈川1区:佐藤謙一郎(民主党)/6区:池田元久(民主党)/7区:首藤信彦(民主党)/8区:江田憲司(無所属)/10区:計屋圭宏(民主党)/11区:斎藤勁(民主党)/14区:藤井裕久(民主党)/15区:勝又恒一郎(民主党)/16区:長田英知(民主党)/17区:阪口直人(民主党)/18区:樋高剛(民主党)/●地域ネット推薦//12区:中塚一宏(民主党)神奈川ネットワーク運動 寒川●東京23区:石毛えい子(民主党)
【民主党】<比例区・南関東ブロック> ☆民主党ホームページ
『民主党マニフェスト』への提言 ☆全国のローカルパーティから政権交代政党への提案
●政治改革:政・官・業の癒着を断ち切る企業・団体献金の廃止を
●地方分権:自治に関わるテーマは、自分のまちで決められる制度に
●格差社会の是正:個人単位の生活保障と平等を図る社会保障制度に
●沖縄に次ぐ基地県の神奈川、米軍基地の縮小、飛行訓練の中止を
【NETの取組み方針】 ☆神奈川ネットワーク運動 衆議院選挙取り組み方針